So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

日本の現時点での経済状況 [経済]

大企業は営業利益を上げています。また設備投資の額も伸びています。さらに大企業の社員の給料も上がっています。ではなぜ、日本全体のGDPの伸び率が悪いのか。それはGDPの6割を占める個人消費がずっと低迷しているからです。

では大企業の社員の給料が伸びているのになぜ、個人消費が伸びないのか。それは老後のことを心配して貯蓄に走っているからです。年金の支給開始は基本65歳からなのですが、68歳ないし70歳からにしようなどと議論する者も出てきており、政府は国民に不安を与えています。まったく、福祉がどのようになるのか道筋を示せていないのです。

ですから、たとえ大企業の社員であっても消費をひかえて、定期預金や年金型保険にお金を回しているのです。これでは安倍総理のいう風が吹けば桶屋が儲かる方式のトリクルダウンがおこるはずがありません。給料の上がった会社員が飲み屋や衣料品にお金を使わない限り、小規模事業者が営む飲食店やブティックが儲かるはずがないのです。





北朝鮮よ!静かにせえ [国際]

日本海にミサイルをうったり、核実験をするのはやめなさい。オバマ政権の時はアメリカが武力行使をすることはありえませんでしたが、今はトランプ政権です。トランプは北朝鮮を攻撃する可能性があります。北朝鮮は最近、ミサイル技術を向上させており、射程をアメリカ全土にのばすと豪語しています。このような豪語は大変危険です。

ケネディ大統領の時、キューバ危機が起こりました。ソ連がキューバにミサイル基地を建設しようとしたのです。その際、アメリカ国防省は本気でソ連と戦争しようと考えていました。ソ連はもちろん既に核を持っていました。それでも自国の防衛が危ういと考えれば、アメリカは必ず攻撃するのです。ソ連が結局、基地を建設しなかったので、戦争は起こりませんでした。

したがって、これ以上北朝鮮はミサイル技術を高めるための実験をしてはいけません。実験を繰り返すことは自国の破滅を招くことになります。

よく、北朝鮮は核を持っているから、アメリカはイラクやシリアのように攻撃しないという人がいます。しかし、それは間違いだと思います。北朝鮮が反撃しても被害を受けるのは日本と韓国であって、アメリカ本土には直接危険が及ばないからです。アメリカも軽々しくは行動しないと思いますが、究極的にはこのような考えをもっています。

ですから北朝鮮には静かにしてもらわないと困るのです。加えて中国が本気になって、北朝鮮を抑えてもらわないと困ります。トランプはオバマとは違って、気が短いのです。北朝鮮のわるふざけは大概にしたほうがいいです。


小池都知事、英語ちょっと多い [政治]

小池都知事の定例記者会見などを聞くと、よく英語が出てきます。グッドとかベターなら問題ありませんが、ドメスティックというのはお年寄りにはちょっときついと思います。その時は、「国内の問題」という意味で使われていたと思います。

国民には子供から高齢者までいろんな層の人がいます。政治家は幅広い層に自分の考えを理解してもらう必要があります。語学が堪能なのはわかりますが、英語を使いすぎるのはよくないと思います。

これは蛇足になりますが、「都民ファースト」、何もトランプの真似せんでええやろ[exclamation]












好きな俳優さんが逝く [芸能]

今年になって、まだ3か月あまりですが、二人の名俳優が亡くなりました。松方弘樹さんと渡瀬恒彦さんです。私にとってお二人は大好きな俳優さんでした。どちらも大河ドラマや時代劇によく出演されていました。松方弘樹さんで特に印象に残っているのは「遠山の金さん」です。渡瀬恒彦さんは「真田太平記」で真田信幸役を演じたのがよく印象に残っています。

さらにお二人ともよく刑事の役を演じておられました。また、最近では敬遠されがちな任侠映画にもよく出演されていました。渡瀬恒彦さんのヤクザは本当によく似合ってましたよ。

お二人が亡くなったのは本当にさびしいです。[もうやだ~(悲しい顔)]


国民戦線ルペン候補 [国際]

4月下旬から5月上旬にかけて、フランス大統領選が行われます。2017年では世界的に最も重要な選挙になると思います。なぜなら、国民戦線のルペン候補は極右であり、EU離脱を公然と主張しているからです。フランスはユーロ圏でドイツに継ぐGDPを有しており、EUの前身を作り上げた中心メンバーです。もしルペンが勝てば、EUは崩壊します。

私の政治思想は中道よりやや右ですが、決して極右を支持しません。極右は経済的な見識を有していないことが多く、すべての問題を移民や他国のせいにする傾向があります。現代のグローバル経済の流れを止めることはもはやできません。確かに過度なグローバル化による弊害が出ていて、修正する必要はあります。しかし、その修正を極右に任せるのは危険です。経済をむちゃくちゃにしてしまう危険があるからです。わが国においても昭和初期に政党内閣の大臣を暗殺して、軍人が政治を掌握した時代がありました。その当時、世界恐慌により日本の経済は疲弊していました。青年将校たちは、その疲弊を解決できないのは政治家のせいだとして、大蔵大臣、内務大臣らを襲撃し、惨殺したのです。しかし、軍人たちは経済のことが何もわかっていなかったため、それを立て直すことができなかったのです。結局彼らは、外国を侵略することを考えました。

極右はつぶすだけつぶしておいて、作り出す術を知りません。フランスでルペンが大統領にならないことを望みます。さすがに、自由、民主、博愛のフランスで極右が政権をにぎることはないと個人的には思っています。しかし昨年のトランプのことがあるので、一抹の不安があります。








語る御老人 主に男性 [マナー]

最近、引退世代の体力が上がっているそうです。それに対して、40代以下の世代の体力が低下しているそうです。これに関し、引退世代の中には若者はだらしがないとか、人生には趣味が必要などと上から目線で説教をする方がいます。引退世代の方が趣味をもっていることは大変良いことだと思います。しかしこのように上から目線でものを言うのはどうかと思います。
 そもそも引退世代と現役世代を同じ土俵で論じてはいけないと思うからです。24時間×7日を自由に使える引退世代の人はいつでも寝ることができ、健康的な生活を送ることができます。一見、早起きをしてえらいように見えますが午後9時に寝れば午前4時に起きても、7時間も寝ていることになり充分寝ています。
 これに対し、現役世代の中にはヘトヘトになって働いている方もおられるでしょう。対人関係などで精神的に疲れている方もおられるでしょうし、ハードな作業で肉体的に疲れている方もおられると思います。そんな方の中にはたまの休みぐらい、だらだらと過ごしたいと思う人がいてもなんら不思議ではありません。
 




嫁が悪い [雑感]

森友学園の問題で安倍昭恵夫人が注目されています。仮に昭恵夫人が森友学園に100万円を寄付していたとしても罪にはならないそうです。しかし私は非常に軽率な行動をとったと思います。ファーストレディーは完全な私人ではなく、あまり私的団体の私人と密になるべきではありません。周りから見れば、その私人を特別に優遇しているように見え、いらざる誤解を招くことになるからです。今回の森友問題でも、昭恵夫人は理事長の妻とメールをやり過ぎです。たとえ違法性がなかったとしても妥当ではありません。やはりもう少し自重すべきです。これからは公的団体のイベントだけに参加すべきです。

嫁の行動は夫にも影響します。フランス前大統領サルコジ氏の嫁は元スーパーモデルだったのですが、その贅沢なライフスタイルに国民の反感を大いにかいました。左派の現政権、オランド政権が樹立されたひとつの要因になりました。

またレベルの低い話になりますが、阪神タイガースの元監督、野村監督もその嫁、野村沙知代氏が原因で辞任に追い込まれました。





阪神の助っ人 [スポーツ]

31日からプロ野球が開幕します。阪神頑張ってほしいです。[パンチ]
ただ、勝つためには助っ人(外国人)が活躍しないといけません。
ドリス、メンデス、マテオのドミニカントリオ大丈夫でしょうか?私には彼らに決め球がないように思えてなりません。
打者のキャンベルについてはまだ見ていないのでよくわかりません。しかし阪神の新外国人の打者はハズレが多いのです。中にはオマリー、マートンのように例外もありますが、ダメ外国人の割合が多いです。

キャンベルがメンチ(2009)、コンラッド(2013)、ヘイグ(2016)のようにならないことを祈ります。








第4回WBC侍ジャパン7(最終章) [スポーツ]

22日に侍ジャパンは敗れました。しかし今回私は侍ジャパンの誰も責める気にはなれません。むしろ、投手はよく投げたと思います。私は少々メジャー通でもあるのですが、今回のアメリカのメンバーは野手、投手ともに超一流でした。例えば野手でいえばロッキーズのアレナドという選手は去年のナ・リーグ2冠王です。その他の選手もアダム・ジョーンズやゴールドシュミット、クロフォード、ポージーなどタイトルホルダーがずらりと並んでいました。これらのメンバーを2点で抑え、三振をたくさんとった侍の投手は大したものだと思います。また、打者も打てはしませんでしたが、アメリカの投手も超一流でした。例えばジャンセンという投手はテキサスレンジャーズのクローザーです。負けるのは大変悔しいですが、仕方なかったと思います。この試合に関しましては小久保監督の采配ミスもありませんでした。

責めるとしたら、出場を拒否したメジャーの選手(ダルビッシュ、田中、岩隈、上原)、体調管理を怠った大谷選手だと思います。アメリカやプエルトリコが超一流のメジャーの選手をそろえてきているのに日本は青木選手しか出ていません。これでは話になりません。そして優勝するには必ず、その国のスターがでないといけないのです。日本ではそれが大谷投手(野手)なのです。過去に2度優勝した時には天才打者イチローと平成の怪物松坂が出ていたのです。

これはこれからもいえることですが、優勝するためにはドリームチームを組まなければなりません。そうしなければ、もはや世界一になることはできません。アメリカ、プエルトリコ、ドミニカはメジャーの超一流の選手をそろえてきているのです。メジャーの選手がWBCに興味をもっていないなどとはいえません。十数億円のプレーヤーが怪我のリスクがあるにもかかわらず、国の誇りをかけて出場しているのです。怪我のリスクを考え、WBCに興味をもっていないのはむしろ日本のメジャーの選手なのです。




第4回WBC侍ジャパン6 [スポーツ]

準決勝進出よくやりました。[わーい(嬉しい顔)]
しかし、これからが大変なのです。何が大変かといいますと、これまでの試合はすべて東京ドームで行われました。つまり地の利をいかすことができたのです。
ところが準決勝、決勝はアメリカのドジャースタジアムで行われます。気圧、グランドの硬さ、観客の応援が変わり、攻守ともにこれまでの戦いより難しくなります。東京ドームの感覚で試合に臨むと感がくるうおそれがあります。例えば日本ではトランペットの応援がありますがアメリカではありません。そんなことでも結構感じがかわります。各選手には曲がつくられおり、曲があった方が選手はのると思います。

また、準決勝の相手はアメリカですが、メジャーの超一流の選手が出ています。今回のアメリカは凄い戦力です。今まではWBCにあまり興味をもっていなかったのですが今回は相当力を入れてきています。厳しい戦いになると思います。


政治家に法律家が多すぎる [政治]

今、稲田防衛大臣が批判の的になっています。森友学園の問題や自衛隊の日報の問題など様々な問題が取りざたされています。しかし私はそれ以前の問題としてそもそも稲田大臣は防衛大臣には向いていないと思っていました。

稲田大臣は弁護士(法律家)です。法律家とは法律を解釈適用して紛争を解決する人のことをいいます。法律家の思考回路には前提として法律や判例が既に存在していて、何かを生み出したりするわけではありません。例えば、新しい機械を発明するとか、経済理論を確立するとか、外交政策を立案するとか。したがって、法律家は法務大臣、厚生労働大臣、文部科学大臣、党役員(政調会長、幹事長)のような役職なら向いていると思いますが、外務大臣、財務大臣、経済産業大臣、防衛大臣には向いてないと思います。

例えば防衛についていえば、国際法ですべてが解決できるわけではありません。北朝鮮のようにミサイルを打ちまくったり、暗殺をしたりする国もあります。防衛大臣は法律に詳しいだけではいけません。例えば、ならず者国家から、なめられないように威厳をもった振る舞いをする必要があります。答弁などでしどろもどろになったり、涙を浮かべるようでは話になりません。

よく国会は立法府なんだから、法律家が多くて当たり前というような意見をいう人がいますが、そんな短絡的な意見を言ってはいけません。法律の中に議員立法がどれだけあると言うんですか。行政立法がほとんどです。つまりほとんどの法律が内閣法制局でつくられるんです。仮に議員立法をつくるにしてもあんなにたくさんの法律家の議員はいりません。

もっと、経済や外交に明るい人が国会には必要なんです。経済がグローバル化しているため、外交的要素が極めて強くなっているんです。ですから語学もできる必要があります。





小池劇場 [政治]

石原慎太郎氏への百条委員会による証人喚問がもうすぐ始まります。小池氏が都知事にならなかったら実現しなかったでしょう。小池氏が都知事になった時、私は抵抗勢力(内田氏、石原氏を中心とする東京都議連)を敵とみなす対立型の政治を行うと予想していました。なぜなら、小池氏は小泉元総理を心から心酔し尊敬していたからです。また小泉総理も彼女を早い頃から、環境大臣、防衛大臣という要職につけ、「日本で初の女性総理大臣が誕生するならば、小池さん」と言っていました。

小泉総理は政策を実現するためには懐柔策だけではだめで一度は関ヶ原の戦いをしないといけないと言っていました。すなわち大きな戦に勝てば、その後、思いのままに自己の政策を実行することができるというのである。

関ヶ原の合戦において徳川家康は石田三成を中心とする西軍に勝利しました。ところが実際の所、西軍は全滅していたわけではありませんでした。冷静に見れば、大阪城には毛利の大軍がいたし、九州には島津の大軍がおり、また会津には上杉の大軍がいました。しかし、彼らは関ヶ原で石田方が敗れたのを聞くとおそれおののき、家康に臣従しました。それどころか小早川を初め、脇坂、小川、朽木、赤座の裏切り4将は石田三成の居城、佐和山城を徹底的に破壊し焼き払いました。三成の兄、石田正澄は東軍に討たれるのは仕方ないが、裏切り者の、けがれた剣で討ち取られるのは無念でたまらないと言い放ちました。その気持ちよくわかります。

要するにいいたいことは選挙等で大きな勝利を得ると、対抗勢力に亀裂が生じ、自ら手を汚さなくても敵が敵を倒してくれるということです。負けた勢力は自分の行く末を考えて、小池氏にいいところを見せて
味方を裏切ろうとするのです。つまり、それまで功績をあげていないため、自分が小池氏にとって外様であることをよく認識しているのです。だから余計に手柄を上げて、生き残りを図ろうとするのです。これに関連してですが、公明党は合戦の前に勝ち馬に乗ろうと小池氏につきました。また東京都議連の平沢勝栄氏は石原伸晃氏の石原派と袂を分かちました。これは合戦のあとに味方につくより、はやめについていた方が論功行賞で得をすると判断したのでしょう。これは風見鶏の典型ですね。現代の政治も戦国時代の政治と本当によく似ています。





光熱費高うつきましたわ [雑感]

2月3月請求分の光熱費、高うつきましたわ。光熱費は真夏が一番高いと思っていましたが、最も高いのは真冬ですわ。確かに真夏は冷房をつけるから電気代は高くつきますが、ガス代は安いです。
しかし真冬は風呂、水道水の湯が沸きにくく、ガス代も高くつきます。したがって、電気代、ガス代ともに高くつきます。

日差しは変わってきていますが、まだまだ寒いですねぇ。早く春が来てほしいです。個人的なことですが、意外と3月体を壊すんです。花粉症に苦しんだり、風邪をひいたりします。[ふらふら]注意しないといけないと思っています。

ところでWBCですが、心配していた中田選手にホームランが出ました。良かったです。このままの調子で頑張っていってほしいです。オランダ、キューバ、イスラエルを撃破して準決勝進出を[パンチ]

追伸:先日、大谷選手が実戦復帰してホームランを打ったというニュースを耳にしました。私は若干違和感を持ちました。WBCを辞退した時、たとえ打者としてでも開幕には間に合わず、復帰は5月以降になるような言い方をしていました。小久保監督はWBCはDH制なので、打つだけでも出てほしかったのです。大谷は打者としても一流なのです。
 少しおかしいですね。仮病では?私は彼に不快感をもちました。




桶狭間の戦い その時歴史が動いた [歴史]

先日、大河ドラマおんな城主、直虎で桶狭間の戦いのシーンがありました。私はこの戦いほど、歴史(日本史)を動かした戦いはないと思っています。なぜなら、この戦いで今川が勝って、織田が負けていれば、まず織田信長の天下布武はなかったし、その家臣であった豊臣秀吉の天下統一もなかったからです。さらに今川の人質であった徳川家康の江戸幕府も存在しなかったし、井伊直政の彦根藩ももちろん存在しなかったからです。

この戦いは短時間に終わりましたが、歴史的意義は上記のように非常に大きいです。例えば川中島の戦いはすさまじい戦いで戦国史上もっとも死傷者の出た戦いですが、武田と上杉は引き分けたため、大勢に影響なく歴史的意義はあまり大きくないのです。







第4回WBC侍ジャパン5 [スポーツ]

頑張ってほしい選手(私の単なる期待)
・藤浪晋太郎投手
我が阪神タイガースの先発投手です。しかし去年は調子が悪かったです。私は阪神ファンなので期待できる選手として推薦したいところなのですが、公平に評価すれば、少々心配です。彼のストレートは対日本人なら速いのですが、メジャー級の打者に対しては決して速いといえません。ですから、変化球を織り交ぜながら、慎重に投げないと打たれてしまいます。決して力勝負をしてはいけません。
ですが、同い年の大谷翔平投手が今大会に出場しないので、私はいい所を見せるチャンスだと思うのです。藤波は高校野球の優勝投手でありながら、最近、大谷にいい所をとられています。WBCで活躍すれば、阪神ファンのみならず、日本中の野球ファンから称賛を受けることになると思います。
そうなれば、もともと実力のある選手ですから、ペナントレースでも覚醒して大活躍できると思います。藤波選手、是非とも活躍して下さい。これは千載一遇のチャンスです。[パンチ]

・小久保監督への最後のお願い
まず野手についてですが、調子の悪い選手は躊躇せず替えて下さい。必ず、ペナントレースではバンバン打つのに国際試合になると打てなくなる選手がいます。前回出場の阿部慎之助などがそうです。ある選手に固執して使い続けるのはよくありません。
次に投手についてですが、替えるタイミングや起用法を見誤ってはいけません。第3回WBC準決勝プエルトリコ戦で前田健太投手の後に阪神の能見を使いました。能見は予選の時から調子が悪かったのに山本浩二代表監督は投げさせました。これはまずいと思ったら案の定、痛恨の2ランホームランを打たれたのです。能見のストレートは外国人にとっては丁度打ち頃の球なのです。
 これに対して第2回WBCでは当初、抑えは藤川球児でした。しかし原辰徳代表監督は彼の球が走っていないと判断し、先発要員のダルビッシュを抑えにしました。藤川は大変傷つきましたが、勝つために仕方がなかったと試合後、同監督は述べました。私は正しい判断であったと思います。

私の以上の考えは非情な面があると思います。しかしWBCのような短期決戦でしかも国際試合では失敗は許されません。ペナントレースでは何度もチャンスを与え、使い続けることによって選手は成長します。つまり失敗から学ぶことがあるのです。しかしWBCでは失敗から学ぶことはありません。そもそも、失敗をしてしまえば、敗退してしまうからです。[野球]










政治とカネそして天下り [政治]

政治とカネの問題、天下りの問題は自民党の専売特許ですね。
ロッキード、リクルートと昔から、懲りもせず、やりつづけています。
自民党は防衛、外交についてはよくやっていると思うのですが、カネに関しては決してクリーンとは言えません。
こんなことをしていては、いかに防衛・外交で成果を上げたとしても、足元をすくわれますよ。
カネにきたないことをする政治家は国民に嫌われます。なぜなら、国民は一生懸命に働いて税金を納めているからです。自民党は麻生政権の時、政治とカネ、天下り問題を野放しにしていていたため、それが原因で旧民主党に政権を奪われたことを忘れてはいけません。国民をあまりなめてはいけません。

追伸
大阪豊中の学校設立の認可問題で鴻池参議員がインタビューに答えていましたが、内容はともかくとして、品がないですねぇ。理事長の妻のことを「おばはん」と呼び、「そのおばはんがこれで頼むって言うてこんにゃく(100万円)もってきよった」などと言っていました。大阪弁を使うのは結構ですが、仮にも議員なんだから、もうちょっと丁寧にしゃべるべきです。またいかに朝日放送が嫌いであっても、あのように記者に対して高圧的にものを言うべきではありません。
あんなしゃべり方をするから関東の人に悪い印象をもたれるのです。私も大阪人ですが、鴻池議員のような品のないしゃべり方はいたしません。あの人のしゃべり方は大阪人全体のイメージを悪くします。



第4回WBC侍ジャパン4 [スポーツ]

心配な選手
・中田翔内野手(北海道日本ハムファイターズ)
パワーは間違いなくあるのですが、非常に波の大きい選手です。打てない時は本当に打てません。また顔に似合わず、とても神経質です。マスコミに批判されると非常に気にしてしまいます。侍ジャパンの稲葉コーチもそのことを以前、指摘していました。

・松井祐樹投手(東北楽天イーグルス)
切れのある球を投げるのですが、コントロールが悪いです。国際試合では1つのフォアボールが命取りになります。例えば韓国はインサイドのボールぎみの球を投げるとわざと足を出してデッドボールを狙ってきます。コントロールの悪いピッチャーは自滅する危険があります。

もっとも心配な人
・小久保裕紀代表監督
やはり監督経験が乏しいのが心配です。第2回の優勝監督の原監督は本当に采配がうまかったです。投手の起用法に定評がありました。小久保監督のプレミア12や親善試合の采配を見ると、なぜここでこの投手を使うのかわからない時があります。非常に心配です。権藤ピッチングコーチの意見をよく聞いて采配をとるべきだと思います。





歴史を見る視点(今川義元を例に) [歴史]

大河ドラマおんな城主直虎を見ると、今川義元がなかなか優れた武将であると感じます。いつも織田の方から今川義元を見るので、どちらかというと公家風で愚将のように見えます。しかし実際は遠江の国人領主である井伊家も服属させられているし、三河の松平元康(後の徳川家康)も人質されています。また領国経営、外交手腕も大いに発揮しています。武田信玄、北条氏康と三国同盟を結んで領土拡大を図っているところなどを見てもそれを伺い知ることができます。

また義元は公家風ではあったけども刀の腕はなかなかのものであったらしいです。



公家風であっても刀が弱いとは限りません。室町幕府13代将軍、足利義輝が松永久秀に襲われた際にも十数人なぎ倒したそうです。


第4回WBC侍ジャパン3 [スポーツ]

期待できる選手

・青木宣親外野手(ヒューストン・アストロズ)
まず、他のメジャーの日本人選手が全員辞退する中、出場していただきありがとうございます。青木選手は今年マリナーズからアストロズに移籍します。このように環境が変わり、大変な時期であるにもかかわらず侍ジャパンのために出場しようとする心意気、素晴らしいです。このような選手は国際試合では力を発揮します。なぜなら愛国心が強いからです。実力は走攻守すべてそろった選手で説明する必要はありません。ヤクルト時代、ブルワーズ、ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズで常に結果を出しています。

・筒香嘉智外野手(横浜DeNAベイスターズ)
間違いなく侍ジャパンの4番です。左で最も遠くに飛ばせるバッターです。さらに広角に打ち分けることができ、安定性もあります。また冷静沈着でプレッシャーにも強い選手です。

・牧田和久投手(埼玉西武ライオンズ)
緩急のある球をあやつることができます。しかもアンダースローなので、外国人選手にとっては打ちにくい投手です。また感情をあまり表に出さない選手ですが、秘めたる闘志をもちあわせています。以前、国際試合でケガをする危険があるにもかかわらず、飛びついてピッチャーフライをとったのを見たことがあります。凄い闘志だと思いました。国際試合ではこのような選手が是非とも必要なのです。









法務省の司法書士試験課の方へ [資格]

試験課の方にお願いです。試験委員の先生方がどのような問題を作っているのか慎重にチェックしていただきたいのです。平成26年以降の問題、特に午後の問題の処理量があまりに異常です。実際に時間を図って問題を解かずに作問されているような気がします。平成25年までの問題は書式が難しい場合は択一が簡単で、逆に択一が難しい場合は書式が簡単でした。正直申しまして今の試験委員の先生方は作問者として不適格と言わざるを得ません。

はっきりと申し上げると全員クビにし、総入れ替えしてほしいぐらいです。こう申し上げるのは処理量だけの問題ではありません。平成28年の午後択一では複数解の問題が発生しました。平成27年の記述でも募集株式発行の論点で疑義問がありました。あってはならぬことです。

今年も去年と同じ試験委員の場合、同じことをしでかす危険があります。十分今年の試験問題を精査してください。





第4回WBC侍ジャパン2 [スポーツ]

3月に開催されるワールド・ベースボールクラシックですが、大リーグの田中・ダルビッシュ・岩隈・上原選手が辞退しました。わたし的には上原の辞退が特に痛いと思います。彼は侍ジャパンの抑えとして是非ともほしい選手だったからです。上原は鋭いスプリットを持っており、外国人には極めて有効だからです。

WBCもサッカーのW杯のように、各国のドリームチーム同士が戦う大会になってほしいです。ネイマールの出場しないブラジル代表、クリスチャーノ・ロナウドの出場しないポルトガル代表、W杯では余程のことがない限り考えられないことです。




優勝した第2回WBCでさえヤンキースの松井秀樹は出場を辞退していたのです。

ズケズケ言いの人(記事100回目記念) [マナー]

よく、「あの人はズケズケとはっきりものを言うけど、根がない人だから良い人よ」と言う人がいます。しかしこれはどうなんでしょう。程度もんだと思います。たとえ根がなくても、あまりにズケズケ言われると、ジャブのように効いてきます。

また、ズケズケ言う人は自分自身にストレスをためないから、健康的に生活をおくれるでしょうが周りにストレスを与える人であるといえます。また、相手の気持ちに配慮しない人であるといえます。さらに高齢者にとってズケズケ言いの人の言葉は心臓に響き、骨身にしみるそうです。

したがって、根がないから良いなどとはいえません。


春闘 [経済]

最近のニュースでベースアップがどうのこうのと春闘の話題が出てきます。しかし気をつけないといけないのはベースアップの恩恵を享受するのは労働組合に入っている人たちだけということです。日本の労働組合の組織率は全労働者の20%を切っています。

中小企業や零細企業の労働者にはまったく関係ない話なのです。なぜなら、左記の会社には労働組合がないからです。労働組合に入っている人は大企業等、比較的恵まれた人たちです。

安部首相はよく給料が上がったと高々にうったえることがありますが注意しないといけません。その他80%の労働者の肌感覚を理解しないと、アメリカの中間層のように不満がくすぶっていき、足元をすくわれるおそれがあります。





nice!(6)  コメント(1) 

野党の批判 [政治]

安部首相が2日前、トランプ大統領との会談を終え、帰国しました。その際、民進党、共産党はトランプの移民政策を首相が批判しなかった点を非難しました。この点、私が言いたいのはわが国がそもそも他国の移民政策についてあれこれ言える立場ですかってことです。わが国の国民はもともと移民を受け入れることに消極的な国民です。もしトランプの移民政策を批判せよと本当に思うのであれば、選挙に出る際、移民をわが国に入れることに大賛成ですと公表して選挙にでなさい。

それからトランプが大統領に就任して100日も経ってないのに今回の会談の良し悪しを判断をするのは時期尚早です。まずは安倍首相とトランプ大統領がどのような外交をするのか見てから批評をすべきです。

要はやらせてみないと、彼らの能力の有無はわからないのです。




nice!(6)  コメント(0) 

義理チョコはいらん [マナー]

バレンタインチョコ、私にはあまり縁のないものです。それは置いといて、私は本来このチョコは若い女性が少しでも異性を意識した男性にあげるものだと思います。

したがっておばあちゃんやおばちゃんがあげるものではありません。 申し訳ないですが、もらっても嬉しいと思ったことはありませんし、たとえゴディバのチョコであっても、うまくありません。また、若い女性であっても義理チョコは要りません。やはり少しでも自分のことに興味をもってくれている人からもらいたいです。

私にも淡い懐かしい思い出があります。小学6年生の時、学習塾で思いもよらず物凄く可愛い女の子からチョコをもらったのです。小学生が選ぶチョコですから大したものではありませんが、本当に嬉しかったです。一粒一粒かみしめるように食べました。またそのチョコは透明なグラスの中に入ってありました。私はそのグラスを10年以上机の引き出しに入れ続けていました。ある意味アホですね。でも、あれほど純粋な愛を感じたことはありませんでした。

 バレンタインチョコとは本来そのようなものです。義理でやるようなものではないのです。おばあちゃんやおばちゃんには炊き込みご飯を作ってくれた方がうれしいです。



nice!(9)  コメント(0) 

腰痛悪化 [雑感]

私は元々背が高く腰に負担がかかりやすいので慢性的に腰が悪いのですが今年は特にひどく、ストレスを感じるまでになってきました。そこでとうとうに整骨院へ行くことにしました。そこの先生が言うには腰の筋肉が物凄く硬くなっていると言われました。
 元々、慢性的に悪いことに加え、お腹周りに脂肪がついてきているため、腰に負担がかかっているというのです。さらにこの寒さが筋肉を硬直させているというのである。
 腰体操というストレッチを教えてもらったので、実践しようと思います。でも治るのに時間がかかるみたいです。北斗の拳のトキのように一突きで腰の痛みを治してほしいです。





nice!(2)  コメント(0) 

第4回WBC侍ジャパン1 [スポーツ]

大谷翔平選手の離脱、痛すぎます。
彼が世界の強打者をバッタバッタと打ち取っていく姿を見たかったのです。私は第三回の侍ジャパンより戦力が上だと分析していましたが、それはスーパースターの大谷投手と大谷打者がいたからです。 

これによって戦力は大幅に低下いたしました。大変厳しい戦いになると思います。頑張ってほしいですが優勝は難しいと思います。[野球]

大谷翔平のいない侍ジャパンはメッシのいないアルゼンチンと同じようなものです。





nice!(4)  コメント(0) 

少年といえども [社会]

つい最近、沖縄で複数の少年が一人の少年に対して殴る蹴るの暴行をしている動画が流されました。モザイクがかかっていましたが、本当にショックで心が痛みました。神奈川川崎市でも2年前に少年による恐ろしい事件がありました。少年(未成年者)といえどもやくざ顔負けの所業じゃないですか。

この点、よく加害者の家庭環境の悪さを指摘して、加害少年の人権を擁護する人達がいますが、被害者の苦痛を考えると素直に賛同できないです。環境が悪くても、まっとうに生きている方もいらっしゃいます。

およそ人間の血が流れていれば、ここまで酷いことはできないのではないですか?


nice!(4)  コメント(0) 

忘年会で聞いた友達の友達の話 [経済]

大阪の舞洲にカジノを作る計画があります。これは地盤沈下している大阪の経済を活性化するために松井知事の肝いりで企画された計画です。
 この計画に関して忘年会で話題になりました。私の仲間は概ねカジノを造ることには賛成でした。この話をしている時に面白い話を聞きました。それは友達の友達が言った話で又聞きなんですが、ルーレットやポーカー、バカラだけではなく日本風のカジノエリアも造るべきだというのです。
 そのエリアではスーツではなく、着物を着て、花札やサイコロをするというのです。友達の一人が「それはやはりまずいだろう」と言ったのですが、もう一人の友人は「ルーレットも賭博なんだから、それが許されるなら花札やサイコロはなんであかんの?」と言ったのです。私は吹き出して笑い、なるほどと思いました。
 この話の是非は別として、観光業で経済を活性化するためには外国の真似ばかりしていても、受けません。例えばカジノならラスベガスやマカオの真似だけをしていてはダメだと思います。日本の独自性も出さないと外国人には受けないと思います。




丁か半か!

nice!(4)  コメント(0) 

イスラム国 [国際]

シリアは長く内戦で苦しんでいます。アサド政権軍、ヌスラ戦線(反政府勢力)、クルド人武装勢力、そしてイスラム国、誰が勝てばシリア国民にとって良いのか、まったくわかりません。
 アサド政権は独裁政権であり政府に批判的な勢力を弾圧しています。反政府勢力は民主化を求めているのか、それともスンニ派のための政府をつくろうとしているのかよくわかりません。クルド人武装勢力はクルド国家の建設を求めており、アラブ人はこれを受け入れることはできません。
しかし、これだけは言えるのはイスラム国には何一つとして大義が見当たりません。女性や子供を奴隷にしたり、財産を強奪したり、難民支援をしにきていた外国人の首を切り落とすなど、することが残虐非道極まりないです。
 彼らの映像を見たとき、アニメ「北斗の拳」の中で出てくるならず者を思い出しました。驚くほど、よく似ています。


nice!(4)  コメント(0) 
前の30件 | -