So-net無料ブログ作成

大河ドラマ「おんな城主直虎」(前半)を見て [歴史]

大河ドラマ「おんな城主直虎」が後半に入りました。
私は前半について少々不満があります。直虎が城主として民の生活を思いやっているシーンなど、
人間味のある所はよく描かれています。しかし大河ドラマはドラマではあるものの、歴史小説でもあります。ところが、このドラマは歴史的な要素が本当に少ないです。特に直虎の許嫁であった井伊直親が殺されてから、直虎が城主になり、そして今川家が滅ぶまでの期間、西暦何年に何が起こったのかまったく描かれていません。

盗賊が出てきたり、坊主が出てきたり、商人が出てきたりといつの時代にもありそうなことを何か月も放送したのです。

後半は歴史をもっと描いてほしいです。もう少し西暦を画面に表示すべきです。




nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0